日本超古代遺跡紀行
日本超古代遺跡紀行

日本歴史研究所からのお知らせ―日本超古代遺跡紀行

当社の自信作です。『日本超古代遺跡紀行』です。ぜひお読みください。
残部僅少、希望者は何とぞ、お早めにお申し込みください。



★世界の歴史学会に反響の渦、絶賛好評発売中!!

●日本全国にわたる天皇陵の実地踏査の詳細な記録を始め、全世界に散在する500以上に及ぶ天皇陵の完全なデーターバンクを世界で始めて作成収録。まさに画期的な偉業が遂に刊行なる!!
●竹内文献(竹内文書)・上津文(ウエツフミ) ・富士文献(宮下文献・宮下文書)・秀真伝(ホツマツタヘ)・九鬼文書(九鬼文書)など古史古伝のエッセンスを統合した木村史学の一大快著、早くも各方面より木村史学の最高傑作との評価が高い!!

日本超古代遺跡紀行

木村信行著/写真及び図表満載/美装箱入り/豪華クロス装丁/本体価格9800円 (税・送料別)

◆日本には記紀とは別に、『竹内文献』を始め、『上津文』『富士文献』『秀真伝』など、いわゆるアカデミズムが偽書として黙殺している古史古文献が現存する。これらは記紀よりも鮮烈かつ詳細に日本古代の歴史の真相を伝えているが、これらを総合すれば、神武天皇以前の日本は45世五百数十代に及ぶ天皇が存在し、全世界を統治し、世界最高の大文明を謳歌する超大国であった。然るにその御陵所在地も全世界に波及している。

◆本書はこれまで余りにも多岐かつ膨大に亘るため、殆ど手付かずの状態だった神武以前の五百数十代に亘る歴代天皇御陵を文字通り史上初めて明らかにしたものである。著者の
厳格厳正なる現地取材に基づく聡明な考証ぶりが豊富な写真や図解などと合わせて具体的に記載されており、研究者には勿論、初心者にも極めて分かりやすく書かれている。

◆本書の内容は、「超古代文献考古学入門」「日本超古代遺跡」の二部から構成されている。第一部の超古代文献考古学入門では『竹内文献』『上津文』『秀真伝』などの古文献の紹介・更に超古代文献の最高峰に位置するとされる『竹内文献』の織り成す驚愕の世界、太古の古墳及び御陵の諸形式、太古ピラミッドの構造様式などについての解説を掲載。第二部の日本超古代遺跡では、北海道から九州に及ぶ異形の御陵や超古代遺跡の探査取材報告、更にそれらの土地にまつわる興味深い伝説やエピソードを中心に紹介、日本に留学して日本に没したとされるキリストや釈迦の墓などの関連遺跡についても論考している。又、巻末では特別史料として『竹内文献』以下の古史古文献を徹底的に研究、それらに記録された内容を比較考証して全世界に散在する天皇陵の地方・地域別御陵地図と一覧表のほか、地球の起源から神武天皇に至る全天皇の御陵名簿の全貌を史上初めて完全掲載した。
◆本書は歴史研究家や宗教研究家の必備必読の文献となるものである。もはや今後の歴史研究は本書の存在を無視しては語れない。売り切れも予想されるのでご注文はお早めに!!